talkback archives

1月ももう終わり。今年も12分の1がもう終わり。

1月ももう終わり。

つい先日二年参りに行って美味しくも不味くもないテキ屋の粉物を食べて、代わり映えのしないテレビを流して見て、特にやる事がないのでひたすらビールを飲んで。

気づけば正月は終わっていました。

1月、皆さんはどうでしたか。世間的にはポジティブな出来事とネガティブな出来事、バランス的には完全にネガティブな1ヶ月でしたね。

はれのひ・コインチェック・大雪・まともな理由のない円高・虚構のような株価

以前の記事

でも書きましたが、年間の降水量はほぼ一緒らしいのです。6面のサイコロも何回も何回も転がせばほぼ全ての目が等確率で出現するでしょう。

悪い事があったならどこかで補われます。テクニカルチャートでも「あいた窓」は必ず閉じてきました。

これだけ多くの人間が意識する1年というスパン。いろんな力が働いて、収束に向かうんでしょうね。

それがわかっているのであれば、いまは耐えどきなんです。しっかりと牙を研いでおく。状況がポジティブに転じるちょっと前から仕込みを始めましょう。

いまは部屋を掃除したり、頭の中を整理したり、体調管理を普段より意識してみたり、ネガティブな思考の人との付き合いを減らしてみたり。

人間では絶対に逆らえず、科学的に証明できない(カオスすぎて)不思議な力があるのはみんな感じた事があると思うのですが、(理解不能だから不思議な力とか言っちゃう)なんだか嫌な事が連発で起こっちゃうあれです。逆に良い時は偶然の選択なのに結果がついてきちゃったりするあれです。

人間のアンテナは本当にすごいと思います。理解できなくても雰囲気を感じちゃう事ができるんですから。それで「なんとなーく」遠ざかろうとするんですもの。

コンピューターになんか負ける気しないですよマジで。

脳みそほとんど使えていないんですよね?なら使える部分たくさん残されているんですから、なんとか使えないかなって思うんですよ。

その方面で考えると今回のポジティブアンテナ・ネガティブアンテナなんか精度上がればすごい使えると思うんですよね。

多分精度上げるための方法は標本集めに尽きるんでしょうけど、そういった雰囲気を感じた時に意識的にちょっとしつこく何でかなって考えるようにしてみようと思います。

皆さんにも得意なことってあるでしょう。

アスリートなんかが一番良い例なんですけど。基本構造が一緒の体なのにある一つの分野でやたら凄いみたいな。

あれって大多数が使えていない部分の脳みその領域を使っているんですよ。絶対そうです。 ほとんどの人が無意識でしょうけど。

僕もとある分野で日本国内で屈指の実力を持っていた時期があるんですけど、やっぱりなんか違いましたもん。

抽象的で不甲斐ないですが、日常生活では絶対使ってない部分が動いている実感があるんです。僕は変な性格なので、もちろんどういうからくりなのか毎日考えてましたね。でも生活が変わってやめちゃったんで、残念ながらたどり着けていませんが。

あのまま続けていたら、どうだったんでしょうね。突き止められたのかなあ。

 

2月。雰囲気的な予想をするならば、1月の流れを序盤は引きずってネガティブなハプニングが多い気がします。

終盤にかけてポジティブな要素があるならば今年は上半期の方が良いのかもしれません。

僕はそんな風に予想します。

皆さんも皆さんの大切な2018年を少しだけ意識的に過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

ぜひこちらもお読みください。コインチェックとはれのひ 明暗を分ける決断と、仮想通貨の今

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA