スペシャリストとゼネラリスト 今はどっちだ

求められる「人材像の変化と経済」

結論から言うと現在最も価値のある人材というのは、ゼネラリズムを持つスペシャリストとでも表現しましょうか、広い知識と経験を持ちながら、特定分野において特別な実力を持つ人材です。

日本の経済成長を支えたのはリーダーと各分野のスペシャリストたち。その礎を広く運用したのはゼネラリストたち。そして今後はそのハイブリッドが世界を動かすはずです。

続きを読む スペシャリストとゼネラリスト 今はどっちだ