両立する 言い換えるなら 二兎を追うということ

両立ブーム?

ひとつの仕事に取り組む。それは古き良き日本や世界においてスタンダードだった。誰でも学校を卒業して、入社した会社に生涯勤め、企業、ひいては世界の発展に大いに寄与した。

現代においてはどうだろう。情報が氾濫し、あらゆる「隣の芝」を見聞きし、メインの仕事とは別の副業としての仕事をやっている人も随分多くなってきた。

果たして我々はそんなに器用な生き物なのだろうか。 続きを読む 両立する 言い換えるなら 二兎を追うということ

僕があえて文字で発信することにこだわる理由

絶対に生きている間に扱い切ることができない

世界中にある言語、そして、それを表現する文字。

僕は日本に生まれ、日本語を話す。そして日本語の文字を扱う。 ただ、専門的に勉強したわけではない僕には到底扱い切れるものではなく、その奥深い魅力に最初に気づいたのは活字の本を読むようになってからでした。

そこで勉強不足なのか、なんなのか原因はわかりませんでしたけど、好みの作家さんが数人出来て、その人たちが綴る文章は「明らかに違うという共通点」を見つけました。 続きを読む 僕があえて文字で発信することにこだわる理由

セルフチェックのススメ 独自の判断を取り入れる

自分の精神状態(モチベーション)の目盛り

仕事でも遊びでも家事でもなんでも、人間はすべからく意識的にも無意識的にも気分屋ですよね。

会社で定時になるのをただ待っている人も、友人との約束を平気でドタキャンする人も、部屋が散らかっていても気にならない人もいるでしょう。 そういう人には今回のお話はなんの役にも立たないかもしれませんので、悪しからず。

それらの「やらなければいけないこと」(ちょっと言葉が強いですけど)に取り組むとき、自分のリアルタイムの精神状態を意識してから取り組むことは非常に重要です。 続きを読む セルフチェックのススメ 独自の判断を取り入れる

残業 について思うこと ルールと実情の混濁

正しく認識しているのか

世間ではやれホワイトだブラックだと騒いでいる。どんどん残業という言葉にクローズアップされ、もはや悪認定。上司も部下に残業を指示することがどんどん億劫になってしまう現状。 もう一度なぜなにを復習しても良いのではないのだろうか。

しっかりと分類し、考察を経た問題提起でなければ、それはただのダダであり、子供のそれとなんら変わらない。 「みんなが嫌がっているから私も嫌」では完全なる思考停止と言わざるを得ない。 続きを読む 残業 について思うこと ルールと実情の混濁

小さくまとまってしまわないように意識すべき1つのこと

目標の適宜刷新

どんな分野でも継続して取り組んでいると結果がついてくるものです。それが具体的に設定した目標によるものでも、偶然達成されたものだったとしても、その達成や評価を「自覚」した時が一度立ち止まるべきポイントであり、常に向上していくために必要な「自分の中での作戦会議」を行うべきタイミングです。

そのタイミングで意識的に考えておかないと、これ以上ないくらいあっさりとその分野での成長は止まってしまい、後から軌道修正することが難しくなっていきます。 続きを読む 小さくまとまってしまわないように意識すべき1つのこと

不機嫌 ムカつき 気分と生産性のお話

気分の良い状態 どんな時ですか?

つくづく変な生き物だと思うんですけど、生物全般、(機械も)とにかく不機嫌だと生産性が上がりませんよね。 機嫌ってなんだよ。と思って調べてみたんですけど、国語辞典によれば (愉快か不愉快かという)人の気分の状態 とのこと。

機嫌が悪ければ生産性が落ち込むわけですけど、それがはっきりわかっているならばそうならないように日常のパーツを整理してみたり、組み替えたりすることである程度ヘッジできるんじゃないかと考えてみたんです。 続きを読む 不機嫌 ムカつき 気分と生産性のお話

先輩風 の吹かせ方? 双方からの視点

うざい先輩・ムカつく後輩

これはもう永遠のテーマですよね、あらゆるところで上からでもしたからでもピーチクパーチク不満が出ています。

たったひとつ関係性の把握とリスペクトがあればこんなにトラブルは起きないのですけど、これは解消できる類の問題ではなく、「問題とどう付き合って行くか」に重点を置くべきなのかなと思います。

だって関係性でくくれば世界には数十人から100人程度の知り合いと、76億人の「他人」がいるんですから。みんなが「お前なんか知らねえよ」となるのは無理のない話。 続きを読む 先輩風 の吹かせ方? 双方からの視点

批判の受け入れ方 客観視する癖をつけということ

気分は良くないもの

誰でも文句を言われたり、やろうと思っていることを先回りされたり、間違いを指摘されたりしたら多少なりともムッとするものです。

ですがそこで一回一回自分を辱めた罰を相手に与えようとするのはなんとも滑稽であり、自分の価値を損なってしまう行為であることに間違いはありません。

自分の非を認めることがある意味で「気分良く行える」ことというのはとても良いスキルであり、相乗効果でとても大きなリターンをもたらしてくれます。 続きを読む 批判の受け入れ方 客観視する癖をつけということ

おやすみの重要性 整理整頓してから遊ぶということ

定期的に休むこと

本当に大切なことです。ですが休みのたびに無計画に遊びまわっているのでは全く生産性が上がりません。

ウィークデイで溜まったキャッシュを整理する時間を10分でも設けることで次のサイクルがとっても捗ります。

逆に整理整頓が適切になされていないと、自分でも気づかないうちにいろいろなことの整合性が取れないことが多くなっていきます。 続きを読む おやすみの重要性 整理整頓してから遊ぶということ

まずは自分を納得させることが必須条件 そこから。

自分のこと納得させられていますか?

ご自分が取り組むありとあらゆることには他人が関係しています。今この星で豊かに暮らそうとするならば他人様と良い関係を築き、維持し続けることは命題ですらあり、誰もが無意識的にも意識的にも取り組んでいます。

そんな必須条件ですが、一つ一つの行動のスタート地点、闇雲になってはいませんか?自分自身を納得させること。それができていないと他人様は意識的にも無意識的にもあなたとの関係性に疑問を持ってしまうかもしれません。 続きを読む まずは自分を納得させることが必須条件 そこから。