衣・食・住の作法で判断されてしまう人間性

もしかすると致命的かもしれません

人間が他人を評価し判断する基準は意識的なものと無意識的なもの、無意識に気づいた事が意識的に変化するものと多様です。お勤めになっている会社、学歴、などはわかりやすいところですが、いかに一流企業であろうが最高学府であろうが、意識的・無意識的嫌悪感を他人に与えてしまう人が大成することはほとんどないでしょう。

見た目、振る舞いの印象値とは実は最も大切なピースではないのだろうかと思えてなりません。今日はその辺りを少しだけ掘り下げてみます。 続きを読む 衣・食・住の作法で判断されてしまう人間性