収益 を担保しつつどこまで無料にできるのか

15歳の社長が無料タクシー会社をつくる

なんだそりゃ。いやとっても簡単なことです。タクシードライバーにお金を払うのが従来のお客様ではなく、広告会社になったというだけ。

タクシー会社は今まで通りの収益を計上できるわけです。 お客様は運賃を支払う必要がなくなります。 この構図は今後のあらゆる商品・サービスに転用されていくであろうメソッドで、非常に興味深い案件です。デフレ経済の終焉で「安売り」からの脱却、「無料」にシフトする本当に有用なコンセプトとなりえるでしょう。 続きを読む 収益 を担保しつつどこまで無料にできるのか