talkback archives

一旦ぶっ壊れますねこれは。ただの予想ですが。

みんなで頑張っていたからよかった

昔話は嫌われるでしょうけど、別に僕はそれで良い。 以前はどんなに嫌でも、いがみ合っても、仕事は仕事。時間が理解や居場所をもたらしてくれたし、先輩は怖かったし、後輩は可愛かった。 先輩を尊敬できたし、後輩からは慕われた。この小さな国でみんなが頑張っていたし、「文句をいうのは一人前になってから」という暗黙の不可分が見えない制約となって君臨していた。僕はそれを当たり前だと思う人間だし、少なくとも現在リアルタイムで世界を牽引している彼らもまたそういう時代に成長した人たちだ。

現在40代よりも上の人たちは本当に大変だと思う

僕なんかはまだ35歳だし、上の世代にも下の世代にもある程度の理解を示すことが許される世代だ。 しかし、20代前半と40代より上の人たちの間には歴史上類を見ないほどの亀裂が生じている。

その若さゆえの反抗心を文字通り力で矯正し、一人前に育てて行けた時代はもう終わってしまっている。

若者は論点をすり替えてでも自分を矯正しようとするものに手段を選ばず対抗し、行政やメディアもそれを助長するような状態になっている。匿名という迷彩服に身を包んだ「顔の見えない兵士たち」によって、自分が先輩にやってもらったように仕事の間違いを正そうとしただけの優秀な老兵は保身名目で会社から、社会から淘汰されてしまっている。

なおらない間違いを咎め、叱責する。それだけで、拳銃で頭を背後から撃ち抜かれる時代なのだ。

コミュニケーションをとることは不可能。矯正も不可能。詰まる所、彼らの「もともと持っている資質」に期待するしかないのであろうか。

大学を卒業したばかりの新人は「教育・矯正」によって一人前に成長して行った。

しかし現在は、卒業=完成品 となり、その後の改変はとんでもない難易度を伴っている。

ここ何年も嘆かれている若者との深刻な対立は、旧来のそれとは明らかに異質だ。

割れた湯呑をくっ付けることはできる。が、ハンマーで粉々になった湯呑を元に戻すのはほとんど不可能なのではないだろうか。


今後は中小零細企業から順にお手上げが始まる。

若い力と無自覚なメディアによって拡大・拡散され続ける現在のこの風潮は確実に日本を一旦崩壊させる。

でも僕はそれも仕方ないのではないかと思ってしまいます。

だって先輩たちは頑張っていると思うから。何を言っても自分のフィルター越しにしか世界を見ようとしない彼らに、とことん付き合って、それでも理解を得ることもほとんどできず、精魂尽き果てているのです。

「仲良くできない」のであればそっぽを向くしかない。

小さな会社は本当に苦戦するはずです。教育専門の部署やプロジェクトを起こすことなんてもってのほかで、時間も余裕もない。そこに問題ばかり起こす新人が入ってくれば一旦は矯正しようと試みる。そんな環境に新人が耐えられるはずもなく、あっという間に出勤しなくなり、彼らは甘ったれた保身のために「会社や社会を悪者」にするのです。

そしてどこからともなく湧いてくる「匿名迷彩の彼ら」によってレッテル貼りが行われる。

そうして、わがままな小僧のせいで、真面目な会社がどんどん食いつぶされていく。

人間が尊いのは言う事を聞く耳と考える頭があるからなのですが。

 

良薬は口に苦し。

これはもう通用しません。

そして良薬をキャンデーのようにすることは残念ながらできません。それではただの飴ですから。

 

先輩諸氏、心中お察しいたしております。

 

ぜひこちらもお読みください 本当に正義が勝つと信じていませんか?見方の話


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA