小さくまとまってしまわないように意識すべき1つのこと

目標の適宜刷新

どんな分野でも継続して取り組んでいると結果がついてくるものです。それが具体的に設定した目標によるものでも、偶然達成されたものだったとしても、その達成や評価を「自覚」した時が一度立ち止まるべきポイントであり、常に向上していくために必要な「自分の中での作戦会議」を行うべきタイミングです。

そのタイミングで意識的に考えておかないと、これ以上ないくらいあっさりとその分野での成長は止まってしまい、後から軌道修正することが難しくなっていきます。 続きを読む 小さくまとまってしまわないように意識すべき1つのこと

不機嫌 ムカつき 気分と生産性のお話

気分の良い状態 どんな時ですか?

つくづく変な生き物だと思うんですけど、生物全般、(機械も)とにかく不機嫌だと生産性が上がりませんよね。 機嫌ってなんだよ。と思って調べてみたんですけど、国語辞典によれば (愉快か不愉快かという)人の気分の状態 とのこと。

機嫌が悪ければ生産性が落ち込むわけですけど、それがはっきりわかっているならばそうならないように日常のパーツを整理してみたり、組み替えたりすることである程度ヘッジできるんじゃないかと考えてみたんです。 続きを読む 不機嫌 ムカつき 気分と生産性のお話

先輩風 の吹かせ方? 双方からの視点

うざい先輩・ムカつく後輩

これはもう永遠のテーマですよね、あらゆるところで上からでもしたからでもピーチクパーチク不満が出ています。

たったひとつ関係性の把握とリスペクトがあればこんなにトラブルは起きないのですけど、これは解消できる類の問題ではなく、「問題とどう付き合って行くか」に重点を置くべきなのかなと思います。

だって関係性でくくれば世界には数十人から100人程度の知り合いと、76億人の「他人」がいるんですから。みんなが「お前なんか知らねえよ」となるのは無理のない話。 続きを読む 先輩風 の吹かせ方? 双方からの視点

批判の受け入れ方 客観視する癖をつけということ

気分は良くないもの

誰でも文句を言われたり、やろうと思っていることを先回りされたり、間違いを指摘されたりしたら多少なりともムッとするものです。

ですがそこで一回一回自分を辱めた罰を相手に与えようとするのはなんとも滑稽であり、自分の価値を損なってしまう行為であることに間違いはありません。

自分の非を認めることがある意味で「気分良く行える」ことというのはとても良いスキルであり、相乗効果でとても大きなリターンをもたらしてくれます。 続きを読む 批判の受け入れ方 客観視する癖をつけということ

おやすみの重要性 整理整頓してから遊ぶということ

定期的に休むこと

本当に大切なことです。ですが休みのたびに無計画に遊びまわっているのでは全く生産性が上がりません。

ウィークデイで溜まったキャッシュを整理する時間を10分でも設けることで次のサイクルがとっても捗ります。

逆に整理整頓が適切になされていないと、自分でも気づかないうちにいろいろなことの整合性が取れないことが多くなっていきます。 続きを読む おやすみの重要性 整理整頓してから遊ぶということ

まずは自分を納得させることが必須条件 そこから。

自分のこと納得させられていますか?

ご自分が取り組むありとあらゆることには他人が関係しています。今この星で豊かに暮らそうとするならば他人様と良い関係を築き、維持し続けることは命題ですらあり、誰もが無意識的にも意識的にも取り組んでいます。

そんな必須条件ですが、一つ一つの行動のスタート地点、闇雲になってはいませんか?自分自身を納得させること。それができていないと他人様は意識的にも無意識的にもあなたとの関係性に疑問を持ってしまうかもしれません。 続きを読む まずは自分を納得させることが必須条件 そこから。

消費者の理解不足は結果として消費者に跳ね返る

商売人と消費・利用者

商売人は消費・利用者に商品を購入してもらったり、サービスを利用してもらったりして収益を得ます。

消費・利用者側は基本的にはお金と交換し、商品やサービスを得ます。

そして消費利用者側からすればどの商品・サービスを利用するかは完全に自由であり、商売人は常に類似他業者に顧客が流出するのを恐れています。 続きを読む 消費者の理解不足は結果として消費者に跳ね返る

お金の使い方知っていますか? 多角的に思案

使う・貯める・あげる・働かせるなど

これらは全てお金の使い方です。

日本では価値に対する明確な教育があまりなされていないので。ピンとこない方が多いかとは思いますが、読んでみてください。

少しだけでも価値に対する価値観に触れておくのは現代社会で経済活動をするためには非常に有意義だと思います。 続きを読む お金の使い方知っていますか? 多角的に思案

上昇し続けるクリエイターの価値 自分に名札をつけるとき

クリエイターの価値

クライアントのニーズを的確に具現化したり、自分の制作活動を発信したり、今も昔もやっていることは変わらない。

しかし、文字通り光の速さで通信可能な世界中に張り巡らされているインターネットや各種流通技術の向上、ありとあらゆる製造コストの低下、機器類の高性能化

旧来のクリエイターが喉から手が出るほど欲しかった技術やモノが今まさに安価で当たり前になってきています。(感動) 続きを読む 上昇し続けるクリエイターの価値 自分に名札をつけるとき

チームワーク の考え方 キーワードは並列化

個人は時間軸において直列型

なんだかややこしいですけど、基本的に体の構造に対してオーバースペックな脳みそを搭載している人間は、最も効率的に生命を維持するために、時間軸に対して直列(1方向)に動くことが得意です。

同時に複数のことを並行して考察・行動することが基本的には苦手です。

企業であったり、何かのチームをひとつの人格のように考えたとき、構成する人数としての社員なり、チームメイトが何人いても意思決定の結果が直列型の場合、基本的には単一の成果しか生まれません。(極端な話、何人構成員がいても出力の高いマッチョが一人でやっているのと変わらない) 続きを読む チームワーク の考え方 キーワードは並列化