切り口の話 とびきりの器用さと執念にも似た諦めの悪さ

日本人が苦手とする分野

日本人はアップデートの天才と世界から評されます。

既存のものをより良いものにリビルドすることにおいては驚異的な成果を叩き出し続けてきました。

が新しいものを作り出すことにおいては決定的に苦手です。

それは固定観念に囚われたモノの見方がある意味において美徳とされてきたからに他なりません。 続きを読む 切り口の話 とびきりの器用さと執念にも似た諦めの悪さ