契約書をしっかり読まない日本人

そろそろ改めた方が良い

おそらくではありますが、先進国で最も危機管理能力に乏しく、後から他人のせいにして責任を逃れようとすることが癖になっているのは日本人です。

契約書をちゃんと読みましょう。とは文字通り、ちゃんと読んで、「理解」しておかなければいけない内容であり、「理解できない」「納得できない」状態でサインしたとしても、それは「契約内容を承諾しました」という効力を持ちます。

いくら小さい字で難しい言葉で長々と書いてあっても、後から文句は言えません。 続きを読む 契約書をしっかり読まない日本人