梅雨入り 関東から近畿がイッキに梅雨入り

今年もやってきました。

一番嫌いな時期です。とある先輩から「四季の一つとしてたのしむ」と言われ衝撃を受け、かっこいいなと思うのですが、今朝はベタつく部屋に嫌気がさしてエアコンをフルパワーで起動した結果ネコは姿を消し(寒くて)犬は見たことのない大きさに縮こまって寝ています(寒くて)最近の住宅やエアコンは性能がいいですね。電気代は安く済むしすぐに温まるし冷える。昨年の夏は「エアコン付けっ放し」を初めてやってみたのですが、1000円増えただけでした。(ワーオ)

暑いのは嫌い。

宮崎や沖縄のように「スカッ」と暑いのは大好きです。が「ジメッ」と暑いのは大嫌い。身体中の不快センサーがコーションサインを発します。

洗濯物はなかなか乾かないから浴室乾燥機で乾かさなくてはいけないし、雨が多くて外出する気持ちも失せがちになります。

犬コロのカッパをまだ用意していないので室内で遊ばせるのにも限界があるし、猫が移動するたびに生え変わりの抜け毛をコロコロします。(あー)


食欲も落ちがち、体調崩しがち、お客様の出足も鈍りがち、こんな時はただじっと耐えるのがよろしいのか。

日々時間に追われているとそういうものもあまり感じなくなるものだとは思いますが、僕のように自分の内面と常に向き合いながら仕事をしていると、その辺のセンサーは日々研ぎ澄まされていき感度が高いような気がします。

「梅雨のジメジメが無性に腹立たしい」と感じる僕のようなタイプの人はどうするべきでしょうか。梅雨時期が終わるのをただ待つのではなんだか勿体無い気がするし。

結構前に「パーマネントトラベラー」が流行し、それもなかなかいい生き方だなあなんて思ったことがあります。日本語にすると「永遠の旅行者」元々は究極の節税方法なんて言われていましたが、僕の考え的には若干違います。

やはり最終的には大好きな日本で最後を迎えたいので納税は日本で行うのですが、実家かなんかに住民票をおいてその時々で過ごしやすい場所(過ごすことにストレスがない場所)に国境問わず移動し続ける生活。

僕の仕事はインターネットとパソコンとスマートフォンがあれば完結するのであとは英語をマスターすればいつでも実行にうつせます。

実際には色々な要素が複雑に存在するので簡単ではないでしょうけど、地球という星を見て回る。というのは実にロマンに溢れています。

(まあでも僕は軽い潔癖なので先進国にしかいけませんが、、)

梅雨時期が嫌だからといってこんなことを発想するのも随分ぶっ飛んでいるでしょうけど。それもまたひとつです。

梅雨のせいにして今日はこの辺で筆をおきます。またあした。


※この記事は2018年6月6日に投稿したものとなります。おかげさまで読者様が増えて参りましたので、今後定期的に過去記事をご紹介させて頂きます。

TALK BACK  読者様の暇つぶしになれば幸いです。

 

ぜひこちらもお読みください 能ある鷹 は爪を隠す 出力の制限がキーワード


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA