知りたい事が無くなったらおわりがはじまる

好奇心

現在知らない事は知っていることよりもとても多く確かに存在します。

全てを知るにはあまりにも世界・宇宙は広大で、人間に与えられた時間はその壮大な知識の前にはあまりにも短すぎると誰にでも簡単に理解できるでしょう。

小さいとき毎週楽しみにしているドラゴンボールがナイターで中止になったときの絶望に近い気分をたまに感じたりします。

もちろんそれは「全部知りたい」気持ちと「ジャンルを選んで知ることしかできない」という、克服不可能なジレンマ。 どっかの誰かがそれこそ7つの玉を発明し、願いを叶えてくれる龍に永遠の命でももらえれば可能ですが。 続きを読む 知りたい事が無くなったらおわりがはじまる

一番苦しい選択肢を選び続けられるか

楽な道は常にある

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」は誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 その真意は失敗が致命的なものにならない可能性が高いからであり、挑戦するということを早い段階で経験しておくことで、将来リスクを管理しなければいけない段階にきたときに、より柔軟なアイディアや選択肢を発案できるようにするためでしょう。 続きを読む 一番苦しい選択肢を選び続けられるか

陳腐な正義感 インフルエンサー達の葛藤

徹しきれないと喰われる

僕は1日の終わりに動画サイトをザップします。主にYouTubeです。最近ではネットフィリックスも利用しています。

YouTubeは適度な距離感から親近感が湧き、ファンとは自負せずとも動向を追ってしまいます。(ファンっていうと敗北感を感じてしまうのですけど、行動はファンそのもの、、)

おそらく毎日見るようになったのは2年くらい前でしょうか。その中で彼らがどのように収益を発生させているのか視えて来ます。 続きを読む 陳腐な正義感 インフルエンサー達の葛藤

トレンドを追わないという選択肢

あえて選ぶ戦略

このブログをスタートさせようと決めた時、方針を決めました。それは何も参考にしない。ということ。 世界には何かを発信している人がたくさんいて、それぞれが思う全力の意思表示をしています。それはとても尊いこと。

否定も肯定もあってよし。人に見てもらう前提だけど、それにこだわる必要もない。安っぽい言葉でいえば「媚びる必要を感じない」のです。

僕がずっと信念として持ち続けているのは、「その人にとって本当に欲しいものを提供できるなら、立地に関係なくお客様はいらっしゃる」というもの。 続きを読む トレンドを追わないという選択肢

契約書をしっかり読まない日本人

そろそろ改めた方が良い

おそらくではありますが、先進国で最も危機管理能力に乏しく、後から他人のせいにして責任を逃れようとすることが癖になっているのは日本人です。

契約書をちゃんと読みましょう。とは文字通り、ちゃんと読んで、「理解」しておかなければいけない内容であり、「理解できない」「納得できない」状態でサインしたとしても、それは「契約内容を承諾しました」という効力を持ちます。

いくら小さい字で難しい言葉で長々と書いてあっても、後から文句は言えません。 続きを読む 契約書をしっかり読まない日本人

読書のススメ 語彙力の向上がもたらすもの

「本を読みなさい」

この言葉を親や教師に言われた人は多くいると思います。僕も小さい頃ら母親にしつこく本を読みなさいと言われ続けてきました。 家は貧しかったのですが、おもちゃをねだっても買ってくれなかったのに、「本」と名の付くものならば、漫画であろうが雑誌であろうが図鑑であろうが買い与えてくれました。

でも僕が選んだものではなく、母が選んでくれた本(活字で埋まった)を僕が好んで読むようになったのは随分後になってからです。

続きを読む 読書のススメ 語彙力の向上がもたらすもの

新人教育の季節 何が正解かを求めることの危険性

優秀な新卒

今年もこの季節がやってきましたね。長い学生生活を終え、期待?に胸を膨らませて御社にも多くの新人がやってくることでしょう。

右も左もこれから学ぶ彼らは私たちが知っている彼らではないと自覚されている方も多いかとは思いますが、僕が思うに今現在起こっていることというのは、歴史上無かったことで、新しいスキームをもって取り組まねばならないことです。

そして必要ならば毅然とした態度で、この風潮を是正する必要があるのかもしれません。 続きを読む 新人教育の季節 何が正解かを求めることの危険性

ポジティブな雰囲気・ネガティブな雰囲気

アンテナのはなし

日々のルーティンの中で、原因がわかるにしろ、わからないにしろなんだか周りの雰囲気がポジティブな時とネガティブな時がありますよね。

そういうことを感知した時にちょっとだけ意識的に行動方針を選ぶことで割と良い結果を引き寄せることができたりします。

天気が悪ければ日本全体でも売り上げというか成績は晴れている日に比べて悪くなります。 続きを読む ポジティブな雰囲気・ネガティブな雰囲気

真の プロフェッショナル とは何か

広義においては「職業上=収益化」済み

つまり特定の分野で生計を立てることのできる個人を指す言葉として定着しています。 しかしこの言葉に秘められた本当の意味をもう一度考え直すことは非常に有用であり、脱アマチュア・脱アマプロの鍵でもあります。

市場に溢れかえっているエセプロを差し置いて、突出するためのメンタルをどのように構築するべきか、またそれがいかに簡単で大変なことなのか。僕の持論ではありますが、参考になればと思います。 続きを読む 真の プロフェッショナル とは何か

物事をシンプルにできないか考えてみること

難しく考えることが適切かどうか

なにかに取り組む時、不確定な要素が多すぎることも手伝ってあらゆることが心配になってしまう結果わざわざ複雑に考えてしまうことは多々あります。

ですが終了したサイクルを振り返る時に以前の事柄を並べ直して観察することで、もっと単純に扱えないかと考え、行動することはとっても大切です。

ご自分が1日の中で取り組むあらゆることに対して、もういど簡略化できないか見直してみる良いチャンスとなれば嬉しいです。 続きを読む 物事をシンプルにできないか考えてみること