ソフトバンクの通信障害に思うこと

10年目の首輪

思い返せば一番最初の首輪はD、その次はKDDIのA、iPhoneが国内販売されてからはSBの首輪をはめてきた。猫や犬は最初首輪をつけるととても嫌がる。それは自由を阻害されるからに他ならない。それでも2、3日もすれば忌まわしい記憶も何処へやら、何事もなかったかのような馬鹿面を平気でしている。それは犬猫に限ったことではなく、自分が一番偉く尊いと思っている人間様も自分から望んで首輪をまき、それをなかったかのように生きているということにあまりにも無頓着ということか。 続きを読む ソフトバンクの通信障害に思うこと

年々時間 の過ぎるスピードが上がるとかいう

現象は本当だった!

気がつけばあっさりと12月に入り、あちこちでクリスマスを匂わすマーケティングが始まっている。クリスマスって24、25日でしょう。もうほとんどカウントダウンのタイミング。一年をちゃんと消費したのか考えると複雑な気分になるのはさておいて、「体感的に早くなる」のは何故なのか、少しだけ考えてみようと思う。 続きを読む 年々時間 の過ぎるスピードが上がるとかいう

作業環境のアップデートがもたらすもの

あなたのワークスペースを最後にアップデートしたのはいつですか?

職業、業種を問わず、作業環境は仕事の質や効率に密接に関係する重要なポジションだが、あまり深くその可能性を追求しようとしている人にはとんと出会わないものでもある。 なぜなら「現状でも滞りなく仕事ができている」からというのが一番大多数を占める意見ということに他ならないからだ。ではあえて作業環境をアップデートすると何がどれだけ変わるのかというのも、ほとんど計り知れない状態ということはなんだか勿体無いような気分になってしまう。 続きを読む 作業環境のアップデートがもたらすもの

衝撃を受けた話 それじゃあダメだと思うのだが。

とある超有名企業の社長が

昨日の晩、Twitterの通知を消化している時にふと見つけたツイートに目が釘付けになってしまった。あまりに衝撃を受けてしまって固まっている自分に気づき、誤植なのではないかと、短い文章を何度も何度も読み返した。しかし確かにそこに書いてある文章はどれだけ客観的に見ても「それ以外の意味」を受け取りようのない、明確でブサイクな文章だった。 続きを読む 衝撃を受けた話 それじゃあダメだと思うのだが。

定番 を生み出せたら最強ですよね

スタンダードこそ最上のポジション

定番と聞いて思い浮かぶ商品なりサービスをあなたはいくつあげることができますか?相当数あげられるはずです。定番の定義はさておくとして我々が「定番」だと思っている以上、それはそれを供給している企業にとって圧倒的な勝利以外の何物でもありません。その色褪せない定番を「守り続ける」ことに心血をそそぐだけで非常に長い時間軸で勝ち続けることができるのですから。 続きを読む 定番 を生み出せたら最強ですよね

顧客満足の本質とはどういうことなのか

無知な顧客ほど、致命的に厄介である

商品やサービスを提供する側になったことのある人ならば(たとえ間接的だったとしても)顧客のクレームや不満足に対面したことは1度や2度はあるだろう。そして「この人の言っているクレームはこの人の理解度が低いことに起因している、あるいは注意書きをちゃんと読んでくれていればこんなことにはなっていないだろうに」と。別にそんな風に分析しなくても、「嫌な気持ちになったことがある」というので十分だ。 続きを読む 顧客満足の本質とはどういうことなのか

綺麗な フォーム を身につけよう

我流ダメ絶対

人間が行うことのできる「動作」には本当にたくさんの種類がある。「歩き方」ひとつとっても美しいフォームとそうでないフォームがあることをほとんどの人が「うっすら」とでも理解していることと思われる。しかし、この「フォーム」というものは誰かがしっかりと理由とセットで教えてくれることはほとんどない。一番身近なものといえばスポーツが挙げられるだろうが、スポーツでもアマチュアレベルで「フォームの重要性」をとことんまで突き詰めることは稀であるように感じられる。 続きを読む 綺麗な フォーム を身につけよう

せっかちとのんびり屋さん どっちもダメでしょう

僕は当然せっかちです。

皆さんは自分をどちらのタイプだと思いますか?結論から言えばどちらもダメですよね。せっかちはのんびり屋から見れば「いらぬストレス」を抱えているように見えるだろうし、せっかち本人も嫌になっていたります。ただせっかちから言わせてもらえれば「せっかちには理由がある」となります。のんびり屋がものを考えていないと言っているわけではありませんが、「一つの事柄の中で考えるポイントが多い」のがせっかちの特徴といえます。

続きを読む せっかちとのんびり屋さん どっちもダメでしょう

初めての Windows PCがやってきた

とにかく鬱陶しい仕様

こう感じるのは僕が生粋のマックユーザーだからに他ならないが(単にWindowsを使ってこなかった)どうしても感じてしまうのは、歯がゆさだろう。プリインスールされている絶対使わないはずのアプリケーション、デフォルトブラウザを変更するだけでも「嫌な顔」をするこの機械は本当に「パーソナル な コンピュータ」と言えるのだろうか。商売なのだから仕方ないがどうしてもそういう下品なところが性に合わない。 続きを読む 初めての Windows PCがやってきた

面倒なことを率先して行うようにしよう

後回しにしたらダメ!

生きていると本当に多くの面倒なことがありますよね。プライベートからオフィシャルまで多岐にわたって面倒なことは多くあります。 面倒なことの特徴としては、「時間がかかる」ことや「それを達成するために別のこともしなくてはいけない」だったり、「気分じゃない」などこれまたたくさんのブレーキ要素があるものです。ただ、面倒だということは実はチャンスでもあるのです。それと同時に面倒なとこは時間が経過すればするほど「面倒の度合い」が増していったりもしますね。。 続きを読む 面倒なことを率先して行うようにしよう