talkback archives

お金の使い方知っていますか?

使う・貯める・あげる・働かせるなど

これらは全てお金の使い方です。

日本では価値に対する明確な教育があまりなされていないので。ピンとこない方が多いかとは思いますが、読んでみてください。

少しだけでも価値に対する価値観に触れておくのは現代社会で経済活動をするためには非常に有意義だと思います。

使う

ほとんどの方のお金の使い方が、機能としてのお金の使い方です。

食材だったり洋服だったり、日々お金を使っていることと思います。

そこで意識して欲しいのは額面価値と実際の価値を一瞬でも考えてみるということ。

例えば極端な例を出すならば、百円で缶コーヒーを買う場合と百円で仕事で使うペンを買う場合を考えてみると、

・缶コーヒーではリラックスが買えます。

・ペンでは仕事上必要なアイディアを書き留めたり、大切や約束を手帳に記したりできます。

時間的な価値を考えるならば、コーヒーは2・3分。ペンはよく使う人でもひと月は使えます。

 

実際はコーヒーがもたらしてくれる2、3分の時間は非常に有意義なので、なんとも言えないところではありますが、文章に起こしてみるとわかりやすいですね。

つまり自分なりで良いので使う予定のお金の価値「少しだけ」考えてみるのが大切なのです。


貯める

貯めると聞いてパッと浮かぶのは銀行預金やタンス貯金などでしょうが、貯めるという言葉は非常に違和感があります。

僕は「分けておく」の方がしっくりきます。

あるいは価値を封印するみたいな感じでしょうか。

僕個人的にはこれが一番お金を悲しませる行為のように感じます。

一定の価値が担保されているとはいえ、「お金はナマモノ」

ワインのように時間経過とともに上質になったり、釣った魚のように刻一刻と鮮度が落ちてゆくかもしれません。

銀行はあなたが預けたお金をどうしていると思いますか?

あなたのお金に鎖を巻いて鞭を打って働かせているんです。(あー怖)

金庫で厳重に保管なんかしてません。


あげる

これは一番素晴らしいお金の使い方かもしれませんね。

困っている人がいるときに、手伝いに行ってあげられないので代わりにお金を送ってみたりするのは良いアイディアです。

諸外国では寄付するところまで行って初めて成功者と認めてもらえますね。

独り占めは良くありません。

あげる場合見返りは求めてはいけません。(嫌われます)


働かせる

今、使う予定のないお金、将来の安心のために貯めている(分けている)お金。それらの価値に働いてもらう事ができます。

銀行の金利(あなたのお金が銀行で一生懸命働いて見返りに銀行がくれる給料)は、もうめちゃくちゃに安いので、代わりにあなたが就職先を探してあげればいいのです。

若干の勉強が苦にならないのであれば優良企業の株を買うのも良いでしょう。自分がお勤めの会社の株でも良いです。

信託関連もしっかり説明を受けて良い商品を紹介してもらうことも良いでしょう。

地価の安定している場所にアパートを立てるのも良いでしょう。

お金をあまり働かせたことのない人が絶対が守らなければいけないのは

・ボラティリティ(変動率)の高い金融商品に触らない。

・換金レスポンスの早い商品にする。(買い手がすぐに見つかること)

・過度の期待をしない。

・文字をしっかり読んで、理解できなければ不可。

でしょうか。

ある程度勉強すればあなたのお金に安心して働いてもらう事ができるようになるでしょう。そして金融の世界の勉強はなるべく早くかじっておいたほうが良いです。


いかがだったでしょうか。

日本人はお金の話をあまりしたがらないですよね。

だからこそ金融教育が足りていません。

でも、市場は今日も開いていて、ありとあらゆる価値を交換し続けているのです。

あなたのところにいる、優秀な人材であるお金のこと、少しだけ考えてみてはいかがでしょうか。

 

ぜひこちらもお読みください。 台湾頑張れ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA