過ちをおかしてしまったとしても償えばよい

もちろんこの世には償えない過ちもある

今日話したいなと思ったのは償える類の過ちだ。例えば興奮して味噌汁をテーブルにこぼしてしまったり、洗濯物の中にペンを入れっぱなしでホワイトシャツがホワイトシャツでなくなってしまったりした時のこと。そして仕事でもそうだ。自分のミスでチームの足を引っ張ってしまったとしても、会社に損害を与えてしまったとしても、ほとんどの場合償うことができる。もちろん償ったとしても過ちをおかした時よりもちょっとマイナス地点にはいることになるが、そこに昨日の自分はもういない。 続きを読む 過ちをおかしてしまったとしても償えばよい