今年の 目標 を立てようか

目的地がないと到達できない(当たり前)

マラソンだって(僕は長距離走が嫌いなので殆どの走ったことがないが)ゴールまでの距離が公表されていなかったら誰も自分のベストのタイムを出す事はできないだろうし、完走すら運の要素が大きく絡んできてしまうのは言うまでもない。料理だって何を作るか決めないで取り掛かると、美味しいものは出来ないし、片付けの量もとんでもないことになるだろう。それにコストもたくさん掛かるはずだ。

目標や目的がない行動ははっきり言って無駄でしかない。

大目標を達成するためには小目標が多数必要だし、小目標は最初に決めるのではなく、だいたい進み始めてから生まれてくるものでもある。

そして小目標をキッチリと消化して次のステップに進まないと大目標への道は閉ざされてしまうことになる。 いわゆるお勉強が苦手なタイプというのは小目標をおざなりにしがちな傾向があると僕は思っている。

階段は飛ばしていいものとそうでないものがある。基本的には一段一段登るのが正解だし確実だけど、それは学生のうちだけで良い。大人になって初めて許可されるのは実は「捨てる」という行為だと僕は考える。

選択肢の片方を完全に捨て去る決断を任されると言い換えても良い。階段も飛ばす必要にかられるケースに多く直面する。(時間的問題が大半)

人間に用意された時間で事をなすためには正攻法では全然足りないのである。もちろんそこには運の要素も多分に含まれるが、「自分でできる事」の正しい選択によっては充分に与えられた時間内で達成することができる。

そのために必要なのが目標とそのクリアだ。

ちんたらしていられない。時間は人間には到底抗えない圧力で動いている。その時間の中で「効率化」を徹底する事ができるというのはちっぽけな人間に与えられた最強のスキルと言える。

目標、立てましたか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA