初期のお客様の変遷と感謝

僕は今まで数多くの「商売」を始めてきた。その中で「失敗だった」と言うことができるのはひとつだけだ。それは「自分のために」作ったバーだ。調子に乗った芸能人やどっかのブルジョアがよくやるアレだ。反省は色濃く僕の脳裏に焼きつき、心配性に拍車がかかっていい感じではあるが、「心配性で大胆な僕」はその失敗を十分に糧にできたような気がする。相反する二面性を生まれながらに宿すのが人間だが、そのギャップが大きければ大きいほど魅力は増すように感じる。

オープン日初日の緊張と最初のお客様

開店告知でご来店のお客様というのは経営が軌道に乗った後のそれとは比べものにならないほど少ない。誰でも心理的に「評判が出揃ってからでいいや」と意識的にも無意識的にも考えるものだ。つまり最初から来てくれる人はどちらかというとイノベーター気質を持っている人。もっとわかりやすく言えば「最高のお客様としての気質を持っている」ということが僕の経験上断言できる。

数多の商売が乱立する中で経営を軌道に乗せ発展していくためには「太く、情熱的なお客様を多く獲得することが大切」だ。もちろんステップ的に最大の数のお客様は「評判に移ろいやすいお客様」という構図は基本的には避けられないが、一番最初の頃にどれだけこのイノベーター気質のお客様を多く獲得できるかというところに実は真髄が隠されているのだと信じて疑わない自分がいる。

そしていつでも僕は最初頃のお客様を他のお客様にもわかるように特別扱いしてきた。言葉でも態度でも表現し、愛妻家が妻に毎日するように愛情を表現するという経営方針をとってきた。そしてそれは常に功を奏してした。

「一番最初の頃のお客様は大切」なのだ。

今まで成功も失敗も含め店なりビジネスを辞めるその日、僕のところには「最初期のお客様が必ず居てくれた」これがどれだけ凄いことなのかは簡単に伝わるはずだ。そしてお祝いだったり、労いを精一杯僕にくれた。

これこそが商売の鉄則なのだと僕は心に刻んでこれからもあらゆるビジネスを行っていく。

「移ろいやすいお客様が最大数」と言うのも争うことのできない真実ではあるが、その数だけは経営者の行動でなかなか制御できない部分だ。ではどうやってその移ろいやすい人々を集客するのか。それは間違いなく最初期のお客様の日常だ。それらのお客様の頭には色濃く僕の商売のことがインプットされている。日常的にその話を周りにフワッとしてくれる。それが「口コミ」だ。無意識に「自分で選択することを諦めている」移ろいやすい人々は無意識に「自分でものを決めようとしない」が、身近な人の言葉は「鵜呑みにする」のだ。

この不思議な化学反応が経営を最序盤で決定づける出来事となっていく。

僕は今取り組んでいることがあるが、最序盤の今、今までと同じように、あるいはそれ以上に「一番最初の頃のお客様」を獲得できていると思っている。

それは心地の良い過去の記憶との整合性がとれ、僕の心をこの上ないほどにリラックスさせてくれる。そして文字どおりの活力を僕に与えてくれて、より良いクリエイティビティをもたらしてくれるのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA