衝撃を受けた話 それじゃあダメだと思うのだが。

とある超有名企業の社長が

昨日の晩、Twitterの通知を消化している時にふと見つけたツイートに目が釘付けになってしまった。あまりに衝撃を受けてしまって固まっている自分に気づき、誤植なのではないかと、短い文章を何度も何度も読み返した。しかし確かにそこに書いてある文章はどれだけ客観的に見ても「それ以外の意味」を受け取りようのない、明確でブサイクな文章だった。

高速道路の事故渋滞が「無駄」で「迷惑」と苦言

いちいち誰がなんて話をしたいわけではないのでそれについては触れないが、このような思考回路を持っている人間が大所帯を率いて「仕事」をしているのかと思うと心の奥底がもやもやとしてくる。

つくづく勇者になるために資格や品格なんかいらないのだなと思ってしまった。

いや、僕の感受性がそもそもイかれているのかもしれないが。どうなのだろう。

この人は事故渋滞に巻き込まれてお冠なのだろうとは察せられるし、実際に急いでいる時に「心の中で」「迷惑だな」と思ってしまうのは人間なので仕方がないとも思う。誰でも自分が一番可愛いだろうし、自分の時間が奪われてしまえば怒るのも無理はないだろう。

だがこれをこの人のような立場で臆面もなく公に呈してしまうことが問題ではないかと思ってしまう。 失言ばかりで解任に向かってしまうどっかの大臣しかり、ちょっと「自覚」が足りないのではないかと思われても致し方ない。

上場も盛大に済ませて勢いに乗る企業なのに、トップがこれでは下についているもの、あるいは株主(僕は手仕舞いした)のことなどセンシティブに考えられているのかと思われても何も言い返すことができないのではないかと思う。

さらに「無駄」とはどういった意味なのだろうか。

事故渋滞が無駄とは。。

事故渋滞が起こる原因は事故の調査や、緊急車両の通行帯確保、「人命救助」、「安全の確保」、、などのために「一般車両の通行を制限」するから発生する。

一般常識で考えなくても「それは仕方ない」と処理すべき案件ではないのだろうか。

それを「無駄=必要のないこと」と断じるからには、この人本人、あるいはその親族や大切な人が高速道路上で事故を起こす、あるいは事故をもらった時に、率先して「処理は必要ありません」と叫ぶことができるということではないのか。

法治国家糞食らえ、困った時はお互い様ではないという事だ。

緊急医療が必要な人間を前にして、あるいは片付けをしなければ第2第3の事故が発生するかもしれない状況にあっても必要ないという事なのだ。

 

大げさですか? 他の解釈があるのなら教えて欲しい。

僕がおかしいのであれば僕は自分を矯正しなくてはいけない。

 

 

ぜひこちらもお読みください 定番 を生み出せたら最強ですよね

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA