お年寄り になると子供に戻るというが

これまた深刻な事なのかもしれない。

現代の子供たちが、甘やかされて育った親に育てられた結果、大人をものともしない子供たちが量産されてしまったことは頷ける。そして「その親を育てた親」が現在「お年寄り」として君臨している。決して括って語っているとか、決めつけているわけではない。←いちいちこんな脚注をつけなくてはこわくてものも書けない時代になっているということにほとほと嫌気がさしているということなのかもしれない。

犬ころの散歩中に買い物をしたんですよ

別にそれはなんてことない日常。でも今日はひどかった。まずはコンビニに行こうと歩いていると、道に婆さんが落ちていた。ある程度近づいて「おかあさん大丈夫ですか?」と声をかけた。「ちょっとつまづいちゃって、でも大丈夫」と返事が。パッと見た感じ怪我もないようなので安心してコンビニへ。するとその婆さんもコンビニへ。さっきまでピンピン歩いていたのに、入店するなり腰が曲がり棚という棚全てを「手すり」がわりに歩く。商品はガタガタに。店員が「大丈夫ですか?」と聞くと「大丈夫」と。

(その婆さんはホットコーヒーを買ってその場でこぼしていた)

頭の中がクネクネしたけど、レジに並んだ。すると僕の前で会計していた違う婆さんが某リポビタンを店員に開けさせていた。そしてその場で飲み始める。グビグビ。店員が僕をレジに促すがグビグビはどかないので、僕は揚げ物の前で店員にタバコを注文(アイコス) 僕の会計をしている最中にその婆さんは盛大なゲップとともに空き瓶をレジに置き、「タクシー呼んでくださる?」と。。

店員も「お待ちください」とピシャリと言うものの、暖簾に腕押し。

僕が揚げ物の前から手を伸ばしてお釣りと商品を受け取る最中も婆さんはどかなかった。

やれやれと思って揚げ物の前から出口に向かおうとすると、店のすみのATMの方から爺さんの怒鳴り声「おい!違うカードが入って出てこねーぞ!」と。

確かに一字一句違わずこう言った。

店員に同情しながら退店したが、帰り道は爺さんの言葉の意味を考えた。

・何を入れたのか。

・スリットに入るカードならば取り消しボタンでカードが排出されるのは当たり前だが、そもそもそのことを知らないのならATMを使用すること自体できないのではないのか。

・「違うカード」を入れたのは自分なのになぜ上からなのか

・電話機だと思ってテレカを入れたのか。(入るのか)(確かに受話器もテンキーもあるが)

犬ころは相変わらず落ち葉に夢中だ。

これは実話である。

もちろん、痴呆や徘徊など、介護を必要とするお年寄りを抱える家族の心労は想像を絶するものがあるとは思うが、そもそもの人間性がこうも簡単に失われるとは到底思えない。(今日出会ったカオスな人々は痴呆でも徘徊でもない)

何不自由ない生活が生み出す弊害について真剣に考えておく必要はどんどん強くなっていくだろう。