アドバイスを受け入れられる時

僕は生まれてこれまで、他人様からの「アドバイス」を素直に受け入れたことがなかった。基本的には全てに反抗していくスタイルだった。単純に負けず嫌いというわけでは無く、「知った風な口」をきく人は実に多く、その言葉に重みも責任も感じないというのが正確な表現のはずだ。僕が丸くなったわけでも衰えたわけでもない。空腹の狼のように今でも全てに反抗する準備はできている。

的確に見抜かれているという現実

年齢も性別も関係ない。圧倒的な実力差を僕は認めていたのだろう。その実力差を言葉で表現することも僕はできないレベルだ。僕のスランプを的確に時系列を追って把握し、必要な言葉を最小限度で使い、アドバイスされた。

そのほとんどは僕は「できていたこと」だった。無論、頭で理解もしているはずだった。新しいステップに登り、さらに上を目指そうとするのに、気持ちばかりが先行していたことをまんまと「気付かされた」 もしかすると僕が感じるような深い意味は含まれないアドバイスだったのかもしれない。でも「結果」としてそれは今の僕にとって「最高のアドバイス」となったのだ。

別にどんな人間だって構わない。クズでもバカでもデブでもハゲでもなんでもいい。ある一点において人は人を救うことができるのだと。痛感させられた。

何を隠そう、僕は今までの人生は「アドバイザー」として生きてきた。これからもそれは変わらないだろう。

だけど、僕は今日、アドバイスを受ける人の気持ちがようやくわかった。これからの自分のアドバイスがどれくらいの人たちの役に立つかわわからない。だけど、「突き刺さる人」は居て、今この瞬間もそれを無意識に望んでいるのだと。

圧倒的な高みから、嫌味なく、心の奥底にそっと届くアドバイス。

それは何ものにも変えられない「救い」そのものだった。

アドバイス を受け入れられる時

僕は生まれてこれまで、他人様からの「アドバイス」を素直に受け入れたことがなかった。基本的には全てに反抗していくスタイルだった。単純に負けず嫌いというわけでは無く、「知った風な口」をきく人は実に多く、その言葉に重みも責任も感じないというのが正確な表現のはずだ。僕が丸くなったわけでも衰えたわけでもない。狼のように今でも全てに反抗する準備はできている。

的確に見抜かれているという現実

年齢も性別も関係ない。圧倒的な実力差を僕は認めていたのだろう。その実力差を言葉で表現することも僕はできないレベルだ。僕のスランプを的確に時系列を追って把握し、必要な言葉を最小限度で使い、アドバイスされた。

そのほとんどは僕は「できていたこと」だった。無論、頭で理解もしているはずだった。新しいステップに登り、さらに上を目指そうとするのに、気持ちばかりが先行していたことをまんまと「気付かされた」 もしかすると僕が感じるような深い意味は含まれないアドバイスだったのかもしれない。でも「結果」としてそれは今の僕にとって「最高のアドバイス」となったのだ。

別にどんな人間だって構わない。クズでもバカでもデブでもハゲでもなんでもいい。ある一点において人は人を救うことができるのだと。痛感させられた。

何を隠そう、僕は今までの人生は「アドバイザー」として生きてきた。これからもそれは変わらないだろう。

だけど、僕は今日、アドバイスを受ける人の気持ちがようやくわかった。これからの自分のアドバイスがどれくらいの人たちの役に立つかわわからない。だけど、「突き刺さる人」は居て、今この瞬間もそれを無意識に望んでいるのだと。

圧倒的な高みから、嫌味なく、心の奥底にそっと届くアドバイス。

それは何ものにも変えられない「救い」そのものだった。