知ったかぶり が良くないのは知っているが

果たしてしていないと言えるのだろうか

この世の中にはそれこそ膨大な情報と知識がある。日常的に必要な情報や知識などたかがしれていて、「慣れ」という生物独自の効率化によって頭のなかにクルミしか入っていなくてもなんとかなったりしている。しかしながら現代を生きる人々は「知らない」ということに、もはやなんの感慨も湧いてこないように思えて仕方がないのだ。 雑学番組が隆盛を極めた時代は最近のようで実はとうの昔ということとなっている。 続きを読む 知ったかぶり が良くないのは知っているが