YouTubeの可能性、参入障壁の低さと課題

誰でもその日から始められる

必要なのはアイディアと情熱、ほんのすこしの知識だけ。昔の自己啓発本の表題を丸パクリしたかのようなこれらの文言はYouTubeの現状そのものであるし、嘘偽りなくこれらをパスできれば誰でもすぐに動画を配信することができる。収益化のプロセスは変更されブログを収益化するよりも難しくはなっている。

なぜ収益化が難しくなったのか

ブログを収益化するだけならPCとインターネットがあれば1日で可能である。

やや専門知識は必要だけど、熱意があればなんとかなる。 収益化は簡単だが収益をあげるためには努力が必要だ。 それに対してYouTubeを収益化しようとすると現状はかなり最初から努力する必要がある。具体的にはチャンネル登録者数1000人以上、プラス過去1年間の累積視聴時間4000時間以上。というところまでいって初めて「審査対象」となる。

そこまで行かなければ鐚一文収益は上がらない。

なぜこのようなガイドラインになったのかといえば「チャンネルの質をちゃんと選別する必要が生まれたから」に他ならない。一部の悪意ある配信者が他人のコンテンツの権利を侵害したり、子供が見せたくない内容だったり、わざわざ富士の樹海にもぐりこんだり、警察の前で小麦粉を落としたりする輩が大量発生したからだ。 視聴数を稼ぐためのベクトルは公平・公正でなくてはいけないが、ルールがなければ無法地帯となる。それの限度を超え始めたためこのようなパッと見厳しいラインが敷かれたのである。

しかしこのライン、果たして難しいラインなのだろうか。ブログでもそうだけど、「このラインを超えられないようでは、やる意味がない」というなかなか絶妙なラインと僕は思う。クラスのお遊戯会ではないのだ。町内会の催し物でもない。

自分が発信したいことを「可能な限りの人間に届けたい」と思う人間がたかだか1000人をつなぐ事が出来なくては、そもそもお話にならないという事だ。

それを難しいと思うか、挑戦してやろうと思うかでそもそもの資質が問われているし、収益化が目標でないのなら誰でも1日で配信する事ができる。

そういったガチ勢とエンジョイ勢の住み分けが上手にできるという上でもこのラインは絶妙と言えるのだ。炎上動画を作って1本で視聴回数を稼いでも意味がなくなったのだから成功だ。

収入の本数を増やすためにできることは日に日に多くなっている。時間を生み出すために日々便利な道具が開発され、効率化の追求は休むところを知らない。無限にある選択肢の中から自分にあったものをチョイスする力があれば、多方面に張ったアンテナは常に敏感に反応し最適解を導いてくれる。

鳴かぬなら鳴くように工夫をしてみようホトトギスである。

工夫をする前に費やす時間は無駄でしかない。

ぜひこちらもお読みください ソフトバンクの通信障害に思うこと2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA